許二姉の鴨肉麺 – 台湾

許二姉の鴨肉麺 – 台湾

台湾へ初めて出かけました。
ホテル近くに鴨肉麺のお店があるというので出かけてきましたよ。

以前から行ってみたいと願っていた台湾。
今回、台湾へ出かける機会ができてうきうきで出発しましたよ。

現地台湾人にホテル周辺の美味しいお店を聞いたところ「鴨肉麺」の美味しいお店があると教えて頂きました。
地図まで書いて頂いたので早速出かけたのが「許二姉」さん(店名だと思う^^;)

初台湾でお店の注文方法がわからないのですが、とりあえず入ってみます。
どうやら入り口付近またはレジ付近にある注文票を取って席を決め、注文票に席番号と注文内容を記載してレジでお金を払うようです。

こちらが「鴨肉麺」。
注文時は舞い上がっていて気がつかなかったのか「炒」と「湯」があることに気がつきませんでした。
こちらは「炒」の方で、正しくは「炒鴨肉麺 小」(70台湾ドル)です。

どこら辺に鴨の要素があるのかと思ったら丼の底に鴨肉が2切れ沈んでました。
この鴨肉、小さな骨も付いてます。
普段骨付きの肉を食べ慣れていないので注意が必要ですね。

「炒」なので汁はほとんど無いです。
味付けは甘めでスパイシーさも無いです。
食べはじめこそ甘さが気になったのですが、食べ慣れてくると出汁の旨味が感じられ、最後は美味しかったなと。

うどん並みの極太麺はムチっとした食感で食べ応えあります。
なにより「小」なのに麺だけでこの盛りですからね。

「湯鴨肉麺」も食べたかったのですが、こちらはまた別の機会に食べてみたいと思います。
来年かな?

  • 蕎麦人内の記事は全てmarshの個人的な感想であり、お店や食べ物、その他の全てを表すものではありません。
  • 星印はmarshの個人的なお気に入り度であり、味のランキングではありません。
  • 山菜や茸など知らないままに採取して食べると危険な場合があります。当ブログの写真などを参考にして採取しないで下さい。
  • 記事内の価格や商品などは記載当時のものとなります。現在は変わっている場合がありますので、詳しくはお店の方などにご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください