スポンサーリンク

床瀬そば

兵庫県
スポンサーリンク

豊岡市街から山へ入った床瀬地区に何軒かお蕎麦屋さんがあります。
『床瀬そば』さんはその中でも人気のあるお店です。

1年ぐらい前に尼崎にお住まいの方と話をしたときに、「このあたりの人は床瀬へ蕎麦を食べにいくよ」と言う話を聞きました。
てっきり地名だと思っていましたが、『床瀬そば』というお店があるとは・・・。

お店に着いたのはお昼少し前。
でもさすがはゴールデンウィークですね。
お客さんで一杯ですが、私は運良く入れ替わりで入ることができました。

周りを見てみるとみなさんセットのお料理を食べているようです。
それならばと私もセットにしてみました。
「おまかせコース」(3465円)です。

蕎麦

混雑の割には素早く出てきたお料理4品。

蕎麦

春だけ提供される山菜の煮物。
ゼンマイや蕗、筍などです。

蕎麦

刺身こんにゃくは自家製のお味噌でいただきます。

蕎麦

蕎麦豆腐かと思ったら落花生豆腐だそうです。
ほんのりとした落花生の香りと、濃厚さを感じる落花生の油がいい感じです。

蕎麦

季節柄か独活の酢の物。
地のものを使っているので季節ごとに変わるのでしょうね。

蕎麦

ヤマメの塩焼きは炭火で焼いたもの。
幾つかの席には囲炉裏があって、自分たちで焼きながら食べることができます。
私の席には囲炉裏がないので焼いたものが運ばれて来ました。
まだ熱々ですよ。

蕎麦

隣の席の方が食べていて、美味しそうだったので単品で「椎茸」(420円)をお願いしました。

地元の椎茸を炭火で焼いて醤油で頂きます。
これはお酒が欲しくなりますよね。

蕎麦

松葉肉です。
聞いただけでは何だかわからないお肉ですが、食べてみたら鶏肉でした。
若鶏の鎖骨の骨付き肉だそうです。

これが以外に美味しくて、器に結構な量がありましたが、ペロリと食べちゃいましたね。
まだお代わりが欲しいぐらいです。
これもビールを飲みながらだと、更に美味しいでしょうね。

蕎麦

さぁ、最後はお蕎麦です。
竹の器に3つの山を作って盛られたお蕎麦。

蕎麦

地元産の蕎麦の実を自家製粉、つなぎにはやはり地元産の自然薯を使っているそうですよ。
もちっとした食感は自然薯の力でしょうか。
やや短めで蕎麦の香りは控えめですが、やや粗挽きで食感は私好み。
あっさりとしていていくらでも入りそうな感じですね。

お蕎麦はボリュームが足りないかとも思いましたが、お蕎麦までのお料理が多いですからね。
満足感一杯でお店を後にしました。
それにしてもお客さんが多かったですね。

コメント

  1. アバター キムタカ より:

    戦後の生活改善運動の村興しで始まった蕎麦屋です。床瀬そばは登録商標を取っておられて、周囲の蕎麦屋と一時期もめていました。今は共存共栄でされているようです。

タイトルとURLをコピーしました