やきものと手打そば わび助

やきものと手打そば わび助

ご夫婦で営む陶芸と手打ち蕎麦のお店。
県外ナンバーの車もあったので人気があるお店なのでしょうか。

観光をしつつ”わび助”さんにやって来ました。
ナビの指す位置が山の中のようなので心配してたのですが、道路脇に小さな案内板を発見。

蕎麦

この案内板の通りに入っていくとお店が現れます。

到着したのは11:30頃。
駐車場には岡山や札幌ナンバーが止まってますよ。
場所的に通りがかりというわけでは無いと思いますので、人気のあるお店なのかな?

お店の収容人員は15人程度。
店内には器などの陶芸品が多数展示されています。

テーブル席は先客で埋まっていたので、小上がりに席をとりメニューを確認します。
とはいっても、先客が食べてる「天ざる」(1575円)が美味しそうだったので、それに決めているのですが・・・。

蕎麦

蕎麦を待っている間、いつものように周りをキョロキョロと見ていたら、窓ガラスに盗賊のような名前を書き連ねた紙が貼ってあるのを見つけました。
何かのおまじないなのだろうか?

蕎麦

蕎麦はやや柔らかめ、奥様にお聞きしたら十割に若干つなぎを入れているのだとか。
香りは控えめですが、甘味があって美味しいお蕎麦です。

蕎麦

天ぷらは海老が2匹、独活、しめじ、烏賊など。
カラッと揚がっていて、海老や烏賊もプリッとして美味しいですよ。

写真左下の黄色いものは、最初は柑橘類の天ぷらと勘違いし「さすが高知だ」と思ったのですが、黄色いズッキーニでしたね。

やっぱり気になるので、帰りがけに盗賊らしき名前の書かれた紙について聞いてみました。
あれは鬼平犯科帳に出てくる盗賊の名前だそうです。

ご主人が鬼平犯科帳の大ファンなのだとか。
長谷川平蔵が蕎麦好きだから蕎麦を打つようになったとか・・・。

ところで”わび助”さんの近くには今話題の坂本龍馬の蝋人形館があります。

蕎麦

この蝋人形館は”龍馬歴史館”といい、坂本龍馬の生涯を中心に130体の蝋人形によって、その歴史のシーン全26場面を再現しています。

蕎麦

この蝋人形がよくできていて、今にも動き出しそうなぐらいに迫力がありましたよ。
思わず1シーンごとに見入ってしまいました。

わび助さんにお出かけの際は、是非こちらにもどうぞ。

龍馬歴史館
高知県香南市野市町大谷928番地1
0887-56-1501

やきものと手打そば わび助の情報

店名
やきものと手打そば わび助
住所
高知県香南市香我美町山北1843-1
TEL
0887-54-1808
営業時間
11:00~16:00
休業日
木曜日
駐車場
5台分程度
  • 蕎麦人内の記事は全てmarshの個人的な感想であり、お店や食べ物、その他の全てを表すものではありません。
  • 星印はmarshの個人的なお気に入り度であり、味のランキングではありません。
  • 山菜や茸など知らないままに採取して食べると危険な場合があります。当ブログの写真などを参考にして採取しないで下さい。
  • 記事内の価格や商品などは記載当時のものとなります。現在は変わっている場合がありますので、詳しくはお店の方などにご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください