手打そば 京金

手打そば 京金

明治のころから続く老舗だと聞いて、出かけてみました。
実は東京の老舗、好きなんですよ。

大江戸線、都営新宿線の森下駅から徒歩1分、森下駅前交差点角近くにある『手打そば 京金』さんに寄ってみました。
付近にコインパーキングは見当たりませんでしたが、清澄通りを北に少し行ったところに幾つかありました。

お店は外から見ただけで高級感がある感じ。
自動ドアが開いて中に入ると、そこで靴を脱ぎスリッパに履き替えて奥へ入ります。
靴脱ぎ場と店内の仕切りに段差がないため、間違えて靴を履いたまま店内に入っちゃいそう。
そのためかお客さんが来るたびに、お店の方がスリッパへの履き替えを促してました。

今日は朝から天ぷらを食べたい気分。
最近は「天せいろ」も食べてないし、「天せいろ」で頭が一杯ですよ。

メニューを見ると粗挽きの「田舎そば」(945円)があります。
「天せいろ」(2100円)のお蕎麦を「田舎そば」に変えて(+105円)貰いました。

蕎麦

メニューによれば、「信州安曇野の玄蕎麦を粗挽きにして打ちました。」とのことです。

蕎麦

粗挽きで平打ち、蕎麦の香りがほんのりと漂います。
ちょっとだけザラッとした食感がいい感じ。
やや甘めの蕎麦汁にしっかりと絡めていただきました。

蕎麦

天ぷらは、海老が3匹、茗荷、薩摩芋、葉生姜などで、天つゆで頂きます。
ふんわりとした衣は塩で食べても美味しいでしょうねぇ。
塩が付いてなかったので、お願いしようか迷いましたが、今回は天つゆで。

蕎麦

保温性の良さそうなポットに入った蕎麦湯を飲みながら、あらためてメニューを見ていると、1日20食限定の「そば御膳」(2100円)を発見!
「そば御膳」は、そば豆腐、鮪の山かけ、天麩羅、せいろ又はかけ、わらび餅がセットになっています。

しまった!もっとメニューをよく見ればよかった。
頭が天ぷらに嵌っていてよく見てなかったよ~。

手打そば 京金の情報

店名
手打そば 京金
住所
東京都江東区森下2-18-2
TEL
03-3632-8995
営業時間
11:30~15:00/17:00~20:30
休業日
月曜日、火曜日(祝日営業)
駐車場
なし
35.688326,139.798424
  • 蕎麦人内の記事は全てmarshの個人的な感想であり、お店や食べ物、その他の全てを表すものではありません。
  • 星印はmarshの個人的なお気に入り度であり、味のランキングではありません。
  • 山菜や茸など知らないままに採取して食べると危険な場合があります。当ブログの写真などを参考にして採取しないで下さい。
  • 記事内の価格や商品などは記載当時のものとなります。現在は変わっている場合がありますので、詳しくはお店の方などにご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください