スポンサーリンク

蕎麦工房 膳

京都府
スポンサーリンク

国内産の玄蕎麦を石臼挽き自家製粉。
美味しいお蕎麦を食べられるお店がありました。

あけましておめでとうございます。
2012年最初の食べ歩きは京都からスタートです。

朝起きてから決めた目的地は、移動の途中で変更し、京都西ICに近い「蕎麦工房 膳」さんに寄ってみました。
変更の理由は特に無く、単なる気まぐれです。(笑)

「蕎麦工房 膳」さんへの入り口はやたらと狭く、大きい車だとサイドミラーが擦りそうです。
入ったら出られないんじゃないかと不安を感じつつ、お店の前まで行ってみました。
ちょっと意地悪な人がいたら出られないかなと思いつつ店内へ。

蕎麦

店内はカウンターに7席、奥に6人掛けの大テーブルが1つだけ。
その大テーブルの上に蕎麦の実のサンプルが置いてありましたよ。
左から(といってもよく見えませんが。)「福井県 丸岡在来」、「長野県塩尻産 信濃1号」、「栃木県益子産 常陸秋そば」でした。
「蕎麦工房 膳」さんでよく提供されるお蕎麦でしょうかね?

メニューはシンプルでお蕎麦が3種類。
もりそば 800円
おろしそば 1000円
やまがけそば 1000円

お酒には焼き味噌が付いてくるあたり、なんとなく伊豆の方のお蕎麦屋さんを思い出すなぁ。

で、お願いしたのは「もりそば」。
本当はお酒も飲みたいところですが。。。

蕎麦

程なくして出されたお蕎麦。
一瞬「少ないっ。」と思いましたが、これは細かい目の製粉のお蕎麦で、後から粗い目の製粉のお蕎麦が出されるそうですよ。

今日のお蕎麦は長野県塩尻産の信濃1号だそうです。

蕎麦

やや透明感を感じるお蕎麦は、香りもよくて、一口で好きになってしまいました。
モチッとした弾力があるのに、最後は潔くぷっつりと切れる感じがとってもいいです。
あまりの美味しさに汁もつけずに食べきってしまいました。

蕎麦

続けて出されるもう半分は粗挽きのお蕎麦。
もう、見るからに美味しそうじゃないですか。

香りは一段と強くなり、蕎麦の甘味がたまらない。
これだけ美味しいとまた来たくなるなぁ。

実は以前にもよったことがあるのですが、13時半ごろ着いたら売り切れで閉店してました。
やっぱり早い時間に来なきゃいけないのでしょう。
次回機会があればもう一度。

蕎麦

ところで蕎麦湯には今日食べたお蕎麦の実が付いてきました。

蕎麦

「そのまま食べられますよ。」とのことだったので、全部食べちゃいました。
こうなってくると丸岡在来や常陸秋そばも見てみたい。

やっぱりまた来なくちゃいけませんね。

コメント

  1. アバター 25¢ より:

    明けましておめでとうございます。
    本年も宜しくお願いいたします。

    この二皿は見るからに満足できそうな蕎麦ですね。
    行ってみたいな。京都。。

    • marsh marsh より:

      25¢さん、本年もよろしくお願いいたします。
      美味しいお店でしたよ。私は絶対また行ってきます。
      京都、いいですよ。

  2. アバター yuka より:

    ぜ、ぜひぜひぜひ、、、
    お、お伴させて下さい~っ♪

タイトルとURLをコピーしました