本家尾張屋 本店

本家尾張屋 本店

創業540年以上の老舗お蕎麦屋さん。
老舗好きとしては一度は行ってみたいお店でした。

京都御苑近くで創業が寛正6年(1465年)というから、応仁の乱の2年前に創業したという超老舗。
元々はお菓子屋さんだったけど、当時はお菓子屋さんが蕎麦を食べさせることが多く、江戸時代には御用蕎麦司をつとめたそうですよ。
今でも店内では和菓子の販売もしています。

蕎麦

店内では主に2階が客室です。
1階にもテーブル席と小上がりがちょっとだけあります。
今回は1階の小上がりに席を取りました。

メニューを見て、「京都だからにしんそばかな。」なんて思っていると、名物「宝来そば」(2100円)なんてのが有ります。
お店の方に聞いてみると店内にサンプルが展示してあるとか。

サンプルを見て「宝来そば」に決定!

蕎麦

で、こちらがその「宝来そば」です。

今回は何故かどの写真も手振れになってます。(すいません。)

蕎麦

「宝来そば」は、割子のような器盛られたお蕎麦に好きな具材を乗せて食べます。
具材は錦糸卵、椎茸煮、胡麻、山葵、海老天、海苔、おろし、葱が盛りつけられています。

蕎麦

お蕎麦は超手振れ。m(_ _)m

香りは控えめ、標準的な太さでコシのよいもの。
蕎麦は北海道音威子府産、つなぎには小麦粉のほかに山芋粉も使っているようです。

蕎麦

さぁ、あれこれ盛りつけてみました。

盛りすぎ?

いえいえ、これぐらい盛らないと、5段の割子では具材が余ってしまいます。
これに北海道利尻産昆布や目近、うるめ、鯖節などで取った出汁を合わせた蕎麦汁をかけていただきます。

蕎麦

5段なんてあっという間ですよ。
追加の割子が欲しいくらいです。

ところで『尾張屋』さんは甘味も充実してます。

「蕎麦白玉ぜんざい」(525円)や「蕎麦わらびもち」(315円)、「ところ天(亀山)」(525円)、そして店頭販売している「そば餅」や「蕎麦板」を盛り合わせた「名物そば餅・蕎麦板 盛合せ」(210円)も食べられます。

甘い物好きとしては是非食べたいところですが又の機会に。
写真も手振れだったし、また近いうちに伺います。

本家尾張屋 本店の情報

店名
本家尾張屋 本店
住所
京都市中京区車屋町通二条下る
TEL
075-231-3446
営業時間
11:00~18:30
休業日
1月1日、2日のみ
駐車場
なし、店前にコインパーキング有
HP
http://www.honke-owariya.co.jp/
  • 蕎麦人内の記事は全てmarshの個人的な感想であり、お店や食べ物、その他の全てを表すものではありません。
  • 星印はmarshの個人的なお気に入り度であり、味のランキングではありません。
  • 山菜や茸など知らないままに採取して食べると危険な場合があります。当ブログの写真などを参考にして採取しないで下さい。
  • 記事内の価格や商品などは記載当時のものとなります。現在は変わっている場合がありますので、詳しくはお店の方などにご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください