越前屋

越前屋

1624年創業の老舗で、島崎藤村の「夜明け前」や十返舎一九の木曾街道膝栗毛にも登場するお蕎麦屋です。

蕎麦

寝覚ノ床を見物後、お腹が空いたので売店の方に「この辺に美味しい蕎麦屋はありませんか」と聞いてみると越前屋さんを紹介されました。
お店は寝覚ノ床にあるドライブイン斜め向かいにあります。
越前屋さんは寿命そばと寝覚そばという商標を取っているのですが、その寿命そばは寝覚ノ床にある浦島伝説にちなんで名付けられたそうです。

蕎麦

もりそばを注文しました。
十返舎一九が「木曾街道膝栗毛」で、

「そば白く、やくみは青くいれものは 赤いせいろに黄なるくろもじ」

と書いてますが、まさに白い蕎麦に赤いせいろです。
値段が1,100円とちょっと高めですがおいしかったです。
上の写真は越前屋さんのパンフレットに記載されていたものです。

さて、その寝覚ノ床ですが国道19号沿いにあります。
木曽川が流れる谷底にあるため19号から長い階段を下りていきます。
行きはいいのですが帰りがきつい!

蕎麦

寝覚ノ床は花崗岩を木曽川の水流によって浸食されたものですが、それにしても四角く浸食するなって自然の力は不思議ですね。

蕎麦

また、寝覚ノ床には竜宮城から帰ってきた後の浦島太郎伝説があります。

越前屋の情報

店名
越前屋
住所
長野県木曽郡上松町小川見帰2379
営業時間
10:30~18:00
休業日
木曜(祝日の場合は前日休)
駐車場
10台分ぐらいある
  • 蕎麦人内の記事は全てmarshの個人的な感想であり、お店や食べ物、その他の全てを表すものではありません。
  • 星印はmarshの個人的なお気に入り度であり、味のランキングではありません。
  • 山菜や茸など知らないままに採取して食べると危険な場合があります。当ブログの写真などを参考にして採取しないで下さい。
  • 記事内の価格や商品などは記載当時のものとなります。現在は変わっている場合がありますので、詳しくはお店の方などにご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください