スポンサーリンク

蕎麦居酒屋 そば九(SOBA Q)

海外
スポンサーリンク

バンコクのスクンビットにある蕎麦居酒屋。
お料理は外国にいると感じない、日本と変わらない味でした。

雨上がりの夕方、久しぶりのタイのバンコクで、トンローからプロムポンへ向かってぶらぶらと歩いていました。
プロムポンあたりで食事しようかと思ったのですが、なんとなく目に入った「そば屋」の文字。

蕎麦

通り過ぎてからハッとして振り返り、看板に釣られて行ってみることにします。

蕎麦

路地を入り案内通り200mぐらい進むと再び看板があります。

蕎麦

右へ曲がって突き当たりが「蕎麦居酒屋 そば九(SOBA Q)」さん。

蕎麦

お店の奥や2階にも個室やテーブル席がありそうな感じですが、私は一人なのでカウンター席へ。
早速メニューを確認しますが、アルコール類は日本酒よりも焼酎が充実しています。

蕎麦

とりあえずビールをいただきましたが、結局この日はビールをお代わりしただけで終わりました。

蕎麦

こちらはお通し。
お通しは断ることもできるそうです。
ちなみにお通しは60バーツとのこと。

蕎麦

ビールのアテに3種類お願いしてみました。
こちらは「特製冷奴」(89バーツ)。
金色に光り輝く器に入ってきたのでびっくりしました。
器がまぶしくてお豆腐がよく見えません(笑)

蕎麦

こちらは「蕎麦屋のだし巻き卵」(150バーツ)。
甘すぎず、日本のお蕎麦屋さんで食べるのと変わらない味わい。

蕎麦

ビールに合いそうなところで「鳥皮あげポン酢」(89バーツ)をお願いしてみました。
おろしとポン酢でさっぱりといただけます。

一人でスマホのニュースを見ながらのんびりやるには、これぐらいのアテでも多いかな。

蕎麦

締めには「かもせいろ」(290バーツ)をいただきます。
最近は天ぷらよりは鴨汁の方に興味があります。

ダイエットには天ぷらより鴨汁?
どちらも変わらないでしょうかね。

蕎麦

お蕎麦は田舎風でやや太めなもので、白ごまを練りこんだ「胡麻そば」を使用しているそうです。
普通の蕎麦と違う風味でしたが、胡麻の雰囲気を感じませんでしたね。
田舎蕎麦風な食感で鴨汁との相性も良かったですよ。

蕎麦

汁は厚く切られた鴨肉がごろごろと入っています。
わりとあっさりしていて、私にも食べやすかったです。

店名の通り居酒屋として利用されてるお客様も多いようで、日本人客も沢山来ているようでした。
今日食べたところでは海外にいることを忘れるような味で、久しぶりのお蕎麦屋さんを楽しめましたよ。

バンコク市内にはお蕎麦屋さんも沢山あるようなので、少しずつ開拓していきたいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました