蕎麦Web講座 後編 焼き畑

今回の蕎麦の種まきは、自分の畑の他に「焼き畑」もおこないました。
妙高での焼き畑は、これが最後かもしれない貴重な体験でした。

昨年と同じ畑で種まきをした後は今回のメインイベント「焼き畑」です。

みんなの畑から車に乗ってい移動します。

蕎麦

焼き畑をおこなうのは妙高市の山奥。
すれ違い不可の細い道を通り、山の奥へと入っていきます。

蕎麦

今回焼き畑を実施してくださるAさんのところに車を止めさせていただき、そこからは歩いて行きます。

蕎麦

さぁ、いよいよ焼き畑の実施です。

まずはAさんの指導のもと、お手伝いに来てくれたAさんの知人が、焼き畑の境界線を草刈りします。

蕎麦

火がよく燃え広がるように、枝豆の茎を乾燥させたものを斜面にまきました。

蕎麦

これをみんなで持って上がります。

蕎麦

そして火付けです。
斜面の一番上から火をつけます。

蕎麦

焼き畑の外側の火はすぐに消してしまいます。
これが焼き畑の外に燃え広がらないようにする防火線になります。

蕎麦

写真でみるより実際はもっと煙と火が強かったです。
上の写真の煙の向こうには人がいるんですけど見えませんね。

蕎麦

私も火を消す役をやってみましたが、熱と煙でダウン寸前(笑)。
火事で亡くなるのはこういう事かと実感。

蕎麦

火は少しずつ斜面を降りていきます。

蕎麦

消し役のIさん。
この後にメガネのレンズが溶けてしまう被害にあいます。
いかに炎の勢いが凄いかわかりますね。

蕎麦

本当はもっと早く下から火をつけるのですが、素人ばかりですから慎重に。

蕎麦

火がだいぶ下に降りてきたところで、下からも火をつけました。

蕎麦

下から着けた火はあっという間に斜面を駆け上がり、上からの火にぶつかります。

蕎麦

火の近くで撮っている私のカメラも熱い。
持っていられなくなりそうなので避難します(笑)。

蕎麦

上からの火と下からの火がぶつかって程なく鎮火。
煙がすごいことになってます。

蕎麦

Aさんから種まき後の、鍬で灰をかける作業の説明を受けます。

蕎麦

では種まきを。
モデルは再びIさん。
Iさんのデモンストレーションを参加者全員で見守ります。

蕎麦

そして参加者が種を持って斜面を上がり、各々好きなところでばら撒きです。

蕎麦

その後を鍬隊が、飛び交う灰の中を黙々と耕すように灰掛けしていきます。

これで焼き畑の作業は終了。
後は75日後の収穫を待つだけです。

その前に芽が出るかどうかが心配ですね。

蕎麦

作業後は参加者全員で記念撮影。

参加者25名+Aさんとお手伝いの知人2名の総勢28名での作業でした。

皆さんお疲れ様でした。

※今回の焼き畑は消防署の許可を得て実施しております。

  • 蕎麦人内の記事は全てmarshの個人的な感想であり、お店や食べ物、その他の全てを表すものではありません。
  • 星印はmarshの個人的なお気に入り度であり、味のランキングではありません。
  • 山菜や茸など知らないままに採取して食べると危険な場合があります。当ブログの写真などを参考にして採取しないで下さい。
  • 記事内の価格や商品などは記載当時のものとなります。現在は変わっている場合がありますので、詳しくはお店の方などにご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です