蓮玉庵

蓮玉庵

久しぶりの老舗です。前回は余り印象がよくなく、味も覚えていないので改めて出かけてみました。

前回、蓮玉庵さんに出かけたときには、えらい香水のきつい方がいて、臭すぎて蕎麦どころではなく早々に退散してきたのです。
そこで今回改めて出かけてみました。

1860年(安政6)創業で森鴎外など明治の文豪の作品に登場する老舗だそうです。
近くには池之端藪があります。

お店はお昼時ですが意外と空いていて店の奥に場所を確保。
老舗の雰囲気になじまないようなケバイ感じの女性店員さんにせいろ(630円)を注文しました。

蕎麦

待ってる間に周りを見渡していると「北海道幌加内産の玄蕎麦契約栽培」の木札を発見。
蕎麦は妙高高原の霧下そばを使用していると聞いていたのですが違うのかな?

どこにでもある普通の蕎麦屋という感じですかね。
それとも以前の印象による先入観からよく感じないのでしょうか。

蕎麦

ちなみに前回は「古式せいろそば別打ち入り三枚重ね」(1,000円)を頂きました。

蓮玉庵の情報

店名
蓮玉庵
住所
東京都台東区上野2-8-7
TEL
03-3835-1594
営業時間
11:30~15:30/17:00~19:30
休業日
月曜日(定休日が祝日の場合は営業)
駐車場
なし
  • 蕎麦人内の記事は全てmarshの個人的な感想であり、お店や食べ物、その他の全てを表すものではありません。
  • 星印はmarshの個人的なお気に入り度であり、味のランキングではありません。
  • 山菜や茸など知らないままに採取して食べると危険な場合があります。当ブログの写真などを参考にして採取しないで下さい。
  • 記事内の価格や商品などは記載当時のものとなります。現在は変わっている場合がありますので、詳しくはお店の方などにご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください