私の「こそば」食べました

今年の夏に「蕎麦Web検定大学」で蒔いた「こそば」。
先日お蕎麦にして食べました。
もちろん打ったのは私じゃないですよ。(笑)

「妙高在来蕎麦振興組合」の指導の下「蕎麦Web検定大学」で栽培した「こそば」。

種蒔きから収穫まではこちらをご覧ください。

蕎麦Web検定大学の林間学校(上)
蕎麦Web検定大学の林間学校(下)
蕎麦畑の生育状況 2
蕎麦畑の生育状況 3
蕎麦畑の生育状況 4
蕎麦Web検定大学 秋の林間学校

蕎麦

そしてこれが収穫した「こそば」です。

「こそば」は新潟県妙高市で栽培されている妙高在来のことです。
実が小さいことから「こそば」と呼ばれています。

蕎麦

北海道産の牡丹そばと並べてみました。
右が「牡丹そば」、左が「こそば」です。

手刈り、天日干しした「こそば」が蕎麦粉になって送られてきました。

今回私の分は2kgなのですが、それを1kgずつに分けて送ってもらいました。

一つは大分県別府市の『にはち』さんへ送り、そちらで食べてもらいました。

もう一つはどうしようかと思っていたら『志ま平』のご主人から「そろそろ蕎麦粉ができたんじゃないの?うちで打ってあげるよ。」とありがたいお言葉をいただきました。

それならということで、急遽『志ま平』さんで食べてきましたよ。

蕎麦

十割を久しぶりに打ったという『志ま平』さん。

お酒も飲まないうちに試食です。

蕎麦

どうですか、この粗挽き。
「こそば」を粗挽きで食べるのは初めてです。

余り癖のない蕎麦のいい香りが強く出ています。
いままで食べた中で一番の香りの良さ。(自分で育てたという贔屓目が入っているかも。^_^;)

味が濃~いですよぉ。

『志ま平』のご主人の話だと、打った直後より少したってからの方が、甘味も香りも強くなったそうですよ。

蕎麦

続けて2枚目いただきま~す。

2枚目は二八だそうです。
同じ「こそば」で二八を食べられるなんてね。

やはり香りなどは少なくなりますが、それでも普通なら香りが強いお蕎麦と言いたくなりますね。
それぐらい十割は強かった。

同じ蕎麦粉で、同じ人が打って、つなぎが入るか入らないかの違いで、こんなに大きく差が出るなんて。
改めて実感できました。

この後は再び十割に戻って鴨せいろです。
これだけ香りがいいと鴨汁にも負けないですよね。
でも、蕎麦が美味しくてほとんどそのまま食べちゃいましたが。(笑)

さぁ、今年の蕎麦栽培は今回食べたことで終了です。
打つことを除いて一通り見てきました。
来年は何をしましょうか。

  • 蕎麦人内の記事は全てmarshの個人的な感想であり、お店や食べ物、その他の全てを表すものではありません。
  • 星印はmarshの個人的なお気に入り度であり、味のランキングではありません。
  • 山菜や茸など知らないままに採取して食べると危険な場合があります。当ブログの写真などを参考にして採取しないで下さい。
  • 記事内の価格や商品などは記載当時のものとなります。現在は変わっている場合がありますので、詳しくはお店の方などにご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください