山内河野 そば処 和の花

山内河野 そば処 和の花

場所がわからなくて困りました。
だいぶ遠回りしてたどり着いたようです。

小国町から今人気の黒川温泉に向かって国道442号を走ります。
黒川温泉の手前に夫婦滝があったら、それを越えたところで左折しファームロードwaitaに入ります。
そこから5・6km行くと左手にお店があります。

私は九重町の方から来たのでかなりの遠回りでした。
予定より遅くなって14時を回っています。

お店は山の中の一軒家のような感じで、お店の中も旧家をイメージした作りになっています。

蕎麦

メニューはこの辺り一帯の蕎麦屋と同じでセットメニュー中心。
もちろん単品もありますよ。

迷いましたが折角なのでいろいろ食べられそうな「山家風蕎麦懐石 和の花膳」(2980円)をお願いしました。
「和の花膳」は食前酒、季節の前菜、そば(盛りか温そば)、山菜の天ぷら、鶏の地獄蒸し(タレか塩)、小鉢、ご飯、漬物がセットになっています。

蕎麦

蕎麦

蕎麦

先に前菜やご飯が運ばれてきました。
季節の前菜の栗の大きいこと。
ご飯は地元のお米でしょうか?美味しいですよ。
それとも水がいいのかなぁ。

蕎麦

お蕎麦がきました。
一見盛りがいいように見えますが、中は四角い氷が4個入っていて所謂上げ底です。

蕎麦

平打ちっぽい細い麺は新蕎麦で、北海道産と地元の久木野産玄挽き粉を使っているそうです。
香りは控えめ。

蕎麦

汁は辛汁とくるみだれの二種類あります。

辛汁はダシの利いたやや甘め。

くるみだれはくるみの他に胡麻、味噌などが入っているそうですが、これが美味しいんですよ。
汁を舐めてるだけでも美味しいです。

蕎麦がもう少し太くて強かったらもっと私好みにかな。

蕎麦

一通り食べ終わってしばらくした頃に天ぷらが供されました。

山菜の天ぷらには季節が悪いのですが”むかご”が入っていたのは秋な感じですね。
最初は豆かと思いましたが、芋のようなホコホコした感じで良かったですよ。
しかし”むかご”なんて何十年ぶりだろう。

蕎麦

その後やや遅れて鶏の地獄蒸し。

鶏の地獄蒸しはメニューによると、近くのはげの湯温泉の天然の蒸気で2時間ほどかけて蒸し上げたものだそうです。
骨から簡単に外れるほど柔らかくなっています。
余分な脂分が落ちているのか、食べやすくなっています。
今回は塩でお願いしましたが、タレも美味しそうですね。

蕎麦を食べ終わったところまでは、食べたり無い気がしていましたが、最後の2品でお腹いっぱいです。(おかげで夜はビールだけになっちゃいました(笑))

山内河野 そば処 和の花の情報

店名
山内河野 そば処 和の花
住所
熊本県阿蘇郡小国町上田山内河野4569-1
TEL
0967-46-5787
営業時間
11:00~18:00
休業日
木曜日
駐車場
たくさんあります。
  • 蕎麦人内の記事は全てmarshの個人的な感想であり、お店や食べ物、その他の全てを表すものではありません。
  • 星印はmarshの個人的なお気に入り度であり、味のランキングではありません。
  • 山菜や茸など知らないままに採取して食べると危険な場合があります。当ブログの写真などを参考にして採取しないで下さい。
  • 記事内の価格や商品などは記載当時のものとなります。現在は変わっている場合がありますので、詳しくはお店の方などにご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください