驴肉火焼

驴肉火焼

現地でお世話になっている中国人から驢馬を食べに行こうと誘われました。
驢馬・・・ロバ?

驢馬って食べられるの?
と思ったら、中国では「天上龙肉天下驴肉」といって、天上では龍の肉、地上では驢馬の肉が美味しいとされているそうですよ。

連れていってくれたお店はテーブル4席程度の小さなお店。

どんな風に食べるのだろう?焼肉かな?なんて思っていたら意外なものが出てきましたよ。

蕎麦

こちらは「驴肉火焼」、ロバ肉バーガーです。
パイ生地に挽肉の驢馬肉と香草など混ぜて煮たものが挟んであります。
お肉に臭みは無く、脂肪分を感じないさっぱりとした口当たり。
黙って出されたら何を食べたのか分からないでしょう。
あえて近いものを探すなら馬肉が近いかも。

サクサクのパイ生地にしっとりお肉が中国らしくなくて不思議です。

蕎麦

こちらは「驴肉湯」。
スープも驢馬肉が入っていて、こちらは塩味が濃いです。
ロバ肉バーガーとセットで注文するのが一般的だとか。

お代わりもできるそうですが、小さなボール一杯飲んだのでお腹一杯ですよ。

蕎麦

このロバ肉バーガーですが、河北省の名物なようで、河北省保定市の食べ方と河北省河间市の食べ方の2種類があるようです。
今回私が食べたのは、お店の看板からすると河间市のもののようですね。
機会があれば河北省保定市の方も食べてみたいものです。

  • 蕎麦人内の記事は全てmarshの個人的な感想であり、お店や食べ物、その他の全てを表すものではありません。
  • 星印はmarshの個人的なお気に入り度であり、味のランキングではありません。
  • 山菜や茸など知らないままに採取して食べると危険な場合があります。当ブログの写真などを参考にして採取しないで下さい。
  • 記事内の価格や商品などは記載当時のものとなります。現在は変わっている場合がありますので、詳しくはお店の方などにご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください