河南省のラーメン? 76人老烩面

河南省のラーメン? 76人老烩面

中国の河南省で人気のラーメンを食べてきました。
幅の広い麺と麺状の具材、そして出汁が・・・

また中国に来てます。
今回初めて訪れた河南省の省都である鄭州市に暫く滞在します。

「今日のお昼は何にしようか?」と現地中国人に話しかけたら、「河南省にしかないラーメンを食べに行きましょうか」とのこと。
河南省で広く食べられているラーメンなのか、それともそのお店オリジナルなのかは不明です。
なにせ言葉がままならないので。。。(^^;)

訪れたのは鄭州市の「76人老烩面」というお店。
「76人老烩面」はチェーン店で、鄭州ではかなり有名なお店だそうですよ。

蕎麦

お店に入って直ぐのカウンターで注文します。
注文したのは「传统烩面(大)」(15元/約230円)と思われます。

注文後はレジの方がレシートの半分を切り取り、ウエイターさんに渡します。
そのウエイターさんは私たちが席を決めるまで付いてきて、なにやら質問して去って行きました。

お店に連れてきてくれた中国人に聞いてみると「辛くするかどうか」を確認していったようです。

蕎麦

程なく運ばれてきたのがこちらのラーメン。
豚骨のような白色したスープに太い麺が入ってます。
しかしこれ、豚骨では無く「羊」だそうです。

この羊出汁、くせがあって慣れるまではちょっとつらい。
ビニールが溶けたような匂いがします。

上にのっているチャーシューも羊肉のようですね。

蕎麦

具材というかこれも麺と言うべきでしょうか。
太い麺を含めて4種類の麺状のものが入ってます。

左から「豆腐皮」、「粉条?」、「昆布?」、「麺」です。

「豆腐皮」は湯葉のようなもののようですね。
中国では鍋には必ず入っている気がします。
味が無くて食感がゴムっぽいのであまり好きじゃないです。

一番細いのは「粉条」と聞きましたがどうでしょう?
「粉条」は薩摩芋から作った春雨だと聞きました。

見た目と食感が「昆布」みたいなものが入ってましたが、味が抜けててよくわかりません。
もしかしたキクラゲだったかもしれないですね。

肝心の麺ですが、きしめんの3~4倍はある幅と厚さで食べ応えがありすぎます。
すするのは無理で一本ずつ口に入れてくしかありません。
麺が太すぎるのでラーメンという感じではないですが、うどんをラーメン風にして食べていると思うと有りかなと思います。
それにしてもスープの匂いが気になります。

追記: 後日一人で2回食べに行きました。だんだん匂いにも慣れてきて、美味いと思うようになってきましたよ。

こちらの「76人老烩面」さんは麺以外にも焼き鳥らしきものや炒め物などのサイドメニューも色々ありましたよ。
さすがに言葉の壁があって注文に至りませんでしたが。。。

76人老烩面の情報

店名
76人老烩面
  • 蕎麦人内の記事は全てmarshの個人的な感想であり、お店や食べ物、その他の全てを表すものではありません。
  • 星印はmarshの個人的なお気に入り度であり、味のランキングではありません。
  • 山菜や茸など知らないままに採取して食べると危険な場合があります。当ブログの写真などを参考にして採取しないで下さい。
  • 記事内の価格や商品などは記載当時のものとなります。現在は変わっている場合がありますので、詳しくはお店の方などにご確認ください。

河南省のラーメン? 76人老烩面 へのコメント

  1. 茨城県つくば市研究学園にて
    昨年にopenした蕎麦屋です
    機会がありましたらご来店ください
    宜しくお願いいたします

    • marsh さんより2016年8月27日

      初めまして。
      機会があれば是非伺わせて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です