中国で鍋を・・・

9月下旬から再び中国へ。
今回は広東省広州市へ出かけてきました。

現地で5・6人の日本人で食事に行くと和食のお店。
逆に1人だと中華のお店は量が多くて入りづらく、和食のお店に。。。

この日はたまたま2人でランチだったので、バンガード内のお店で鍋を食べてみました。

蕎麦

これは生のオクラ。
サラダの代わりに食べて見ました。

蕎麦

こちらは鶏肉。

オクラも鶏肉もどちらも美味しい!
味付けも日本人が食べて違和感の無い醤油系な味。

蕎麦

さぁ、本題の鍋です。
何だかわからないままに、メニューを指さして注文した鍋(笑)。

蕎麦

麺のようなものは、高野豆腐をきめ細かくしてぎゅっと圧縮したもののような食感。
正直なところ全く美味しくない。

薄い玉子焼きで餃子状にしたものの中身がわからない(笑)。
海老っぽい感じもするのですが。。。

そして怪しげなハムのようなものに、味の無い筍。

蕎麦

鍋の底には骨ごとぶつ切りにされた牛肉が入ってましたよ。
箸と共にストローが付いてきたのですが、もしかしたら骨の髄液すするためのものかな?

蕎麦

それぞれ握り拳より一回り大きいくらいです。
もちろんお肉は味が抜けてしまってますが、骨からはぎ取るように食べてきました。

完食と行きたいところですが。。。
やはりあの麺状のものが不味くて食べきれなかったです。

  • 蕎麦人内の記事は全てmarshの個人的な感想であり、お店や食べ物、その他の全てを表すものではありません。
  • 星印はmarshの個人的なお気に入り度であり、味のランキングではありません。
  • 山菜や茸など知らないままに採取して食べると危険な場合があります。当ブログの写真などを参考にして採取しないで下さい。
  • 記事内の価格や商品などは記載当時のものとなります。現在は変わっている場合がありますので、詳しくはお店の方などにご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください