久しぶりの「かね井」さん

久しぶりの「かね井」さん

以前から夜に『かね井』さんへ行ってみたくって、今回はいつもの仲間と出かけてみました。
夜の『かね井』さんは一段といいですよ。

京都のお蕎麦屋さんは予約不可なお店が多いです。
『かね井』さんも予約不可なので、16時半頃からお店の前で待ってましたよ。

蕎麦

17時の開店と同時に店内に入ったのは、私たちの他に2組。
でも昼間の混雑に比べたらねぇ。

早速、お酒をお願いしますよ。

蕎麦

まずは私は「庭のうぐいす うすにごり」から。
お酒はそれぞれみんな好きなものをお願いしましたよ。

蕎麦

お通しは揚げ蕎麦と山葵の醤油漬け。
山葵漬けは山葵をスライスして漬けてある、山葵のお漬け物。

蕎麦

アテには「板わさ」(600円)をお願いしてみました。
そしたらかまぼことは別に、山葵は長次郎と一緒に出てきましたね。

いつもはめんどくさがって山葵をおろさないけど、今回はおろしましたよ(笑)。

蕎麦

だけどこのかまぼこがとっても美味しい。
鱧の他に数種類の魚を使っているようですが、自然の旨みたっぷりで美味しいんです。

おろした山葵はかまぼこが無くなったので嘗めるだけ(笑)。

蕎麦

「だし巻き」(700円)です。
女将さんは2人で1つでと仰いましたが、1人に1つは欲しいです(笑)。

「できあがりにお時間をいただきます。」とのことでしたが、以外に早く運ばれてきましたよ。

蕎麦

お酒は冷やであれこれいただきましたが、締めは燗酒で。
締めのつもりがお銚子が2つ、3つと空いていきます(笑)。

蕎麦

「そば豆腐」(500円)です。
蕎麦豆腐も時々寒天のような食感のものがありますが、こちらのは割と胡麻豆腐に近い方の食感。

蕎麦

こちらは「鴨味噌」。
味噌の中には細かく刻んだ鴨肉が入ってます。
これがお酒にはたまらない一品。

いや、お酒だけじゃなくてご飯にも。。。
こちらはメニューに無い一品でした。

蕎麦

「豆腐よう」です。
同行者から「ここの豆腐ようは嫌いな人でも食べられるから。」と薦められたもの。

あっ、私は嫌いじゃ無いけど、別の同行者は苦手だといいながら食べてましたね(笑)。

蕎麦

さぁ、そろそろ閉店の時間です。
締めのお蕎麦に移りましょう。

今日は粗挽きは売り切れになってしまっているとのこと。
それならばと「辛味大根おろしそば」(1000円)をお願いしてみました。

蕎麦

お蕎麦はうっすらと緑がかってますよ。
細打ちのお蕎麦です。

辛味大根は季節柄か、程々の辛さで、私にも食べやすい。

と、帰ってから気がついたのですが、『かね井』さんには5年ぶりでした。
でもその雰囲気は5年を感じさせないくらい変わっていないんですね。

前回は隣で「ざるそば」を食べているお客さんを見て、「粗挽きそばよりもざるそばの方がよかったかも。」なんて思いながら未食で帰って来てしまいました。
しかし今回もそんなことを忘れて「ざるそば」(900円)を食べずに帰ってきてしまいましたね。

また食べに行こうっと♪

さんの他の記事

  • 蕎麦人内の記事は全てmarshの個人的な感想であり、お店や食べ物、その他の全てを表すものではありません。
  • 星印はmarshの個人的なお気に入り度であり、味のランキングではありません。
  • 山菜や茸など知らないままに採取して食べると危険な場合があります。当ブログの写真などを参考にして採取しないで下さい。
  • 記事内の価格や商品などは記載当時のものとなります。現在は変わっている場合がありますので、詳しくはお店の方などにご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください