生粉打ち亭

生粉打ち亭

津軽そばがあるということで出掛けてみました。

JR市ヶ谷駅から歩いて10分弱、坂を登り切ってお店につきました。
周辺は蕎麦の名店と呼ばれるお店がたくさんありますが、今回は津軽蕎麦に惹かれて来てしまいました。

津軽蕎麦は大豆粉や水に浸して柔らかくした大豆をすり潰して絞ったもの(呉汁)をつなぎとした蕎麦です。
去年青森に行ったときに食べましたが、あのダシの味をもう一度と思っていたのです。

お店に入ってメニューを見れば、江戸、田舎、津軽の3種類がありました。
しかし、初めてはいるお店でいきなり津軽を食べるのもなぁと悩んでしまいます。
考えすぎてお店の方に苦笑いされつつ決めたのが「三種盛り」(1500円)。
これに天麩羅(+900円)をつけてもらいました。

蕎麦

お店の明かりの影響で写真の蕎麦の色がイマイチですが、3色それぞれ次の通りです。

蕎麦

江戸

蕎麦

田舎

蕎麦

津軽

三種盛りですから全て冷たい蕎麦なのはわかっていました。しかし津軽蕎麦って冷たいと固いって聞いていたので、ちょっと驚きです。

蕎麦は江戸が一番香りもよく、私の中では一番好みな感じ。
田舎は殻まで入ってる割には弱い感じです。
そして津軽は色が一番白っぽく、つなぎが入ってる分?、香りが弱め。
さほど固いという感じもなく、津軽蕎麦といわれなければ、何を食べたかわからないかもしれない。

そうそう、メニューを見た限りでは津軽蕎麦のかけは無いようです。

蕎麦

天麩羅は海老に鱚がついていて何となく豪華な気になってしまうのは私だけ?
だけど+900円はちょっと高いかな。

というか全体的にお値段は高めです。
神楽坂という立地が高くしているのでしょうか。

生粉打ち亭の情報

店名
生粉打ち亭
住所
東京都新宿区納戸町10-1-2
TEL
03-3235-7177
営業時間
11:30~14:30/17:30~20:30
休業日
月曜日
駐車場
なし
  • 蕎麦人内の記事は全てmarshの個人的な感想であり、お店や食べ物、その他の全てを表すものではありません。
  • 星印はmarshの個人的なお気に入り度であり、味のランキングではありません。
  • 山菜や茸など知らないままに採取して食べると危険な場合があります。当ブログの写真などを参考にして採取しないで下さい。
  • 記事内の価格や商品などは記載当時のものとなります。現在は変わっている場合がありますので、詳しくはお店の方などにご確認ください。

生粉打ち亭 へのコメント

  1. 初めまして。

    そばの色の違いは面白いですね。

    それにしても江戸と津軽はともかく

    田舎ってのはどこか原産地とでも言うのか

    由来とでも言うのか、そういったものはあるんですかね?

  2. marsh さんより2008年11月18日

    馬具と乗馬のARCさん
    初めまして。江戸蕎麦に対する対義語として田舎蕎麦というようですが、一般的に蕎麦殻を挽き込んだ黒っぽい蕎麦をさすようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください