そば処 和邑

そば処 和邑

東京の蕎麦屋はいいなぁと思わせるお店でした。

池袋の駅から歩いて10分ぐらいでしょうか。今日は少し肌寒いぐらいなので歩くのにはいい感じの天気です。

お店は鬼子母神のすぐそば、割烹のような店構えです。中は意外にも狭くて2人掛けのテーブルが2つと小上がりに4人用の卓が2つ。

蕎麦

ちょうどお昼時だったので席は一杯でしたが、入れ違いで帰られたお客さんがいたのでテーブル席に座ることができました。

さっそくメニューをめくります。変わり蕎麦がありますよ。「季節かわり蕎麦」(1500円)で柚子、桜、蓬、抹茶、笹、しそ、胡麻、芥子・・・これらの中から季節毎に出るようです。

しかしここはいつものように天せいろということで・・・高い!
「せいろ」(1000円)も高めですが「天ぷらせいろ」(2500円)とかなり高め。
昨日は蕎麦屋に入っていないし、ここは一発いったるかと、気合いを入れるほどのことではないのですが、気合いを入れてお願いしちゃいました。

蕎麦

隣の初老の男性がお酒を飲みながら「板わさ」(300円)をつつくのを羨ましく思いながら待ってます。
それにしても落ち着いたいいお店ですね。

蕎麦

やや太めな麺です。蕎麦の香りが素晴らしい。そして薄口でダシの香りがいい汁。
変わり蕎麦があること、クリーム色の麺と味、一茶庵系のような感じです。

蕎麦

天ぷらもまた最高ですね。薄くて軽い衣をまとった海老は、素揚げのお頭つきです。
殻で口の中を切らないようにゆっくりと食べます。なにせデリケートですから(笑)。
茄子、ししとう、オクラ、さつまいも・・・どれも抹茶塩だけで食べちゃいました。
まぁ、天つゆも付いてないですしね。

蕎麦

実はお店に入ってすぐの生け花のところにお酒の猪口が積んであって「ご自由にお持ち下さい」と書いてあります。ということは貰ってもいいということなのだろうか?
女将さんに来てみたら「どうぞお持ち下さい」と気さくにも猪口の山を私の席まで運んで下さいました。恐る恐る1つだけ取ったら「もっとどうぞ」とのことで、結局2つ戴いちゃいました。
上の写真は蕎麦猪口じゃないですよ。戴いたお酒の猪口です。

蕎麦

席をたったら自分の後ろに友蕎子の「食はすべてそのもとをあきらかにして・・・」の額がありました。なんだやっぱり一茶庵系か。

蕎麦は美味しかったし、猪口を戴いちゃったし、今晩はこれでお酒でも飲むとするか。

お酒買って来なきゃ。。。

そば処 和邑の情報

店名
そば処 和邑
住所
東京都豊島区雑司が谷3-12-3 川戸ビル1F
TEL
03-3987-5136
営業時間
平日11:30~14:30/17:00~20:30/土日祝11:30~20:00
休業日
火曜日
駐車場
なし
35.722604,139.712478
  • 蕎麦人内の記事は全てmarshの個人的な感想であり、お店や食べ物、その他の全てを表すものではありません。
  • 星印はmarshの個人的なお気に入り度であり、味のランキングではありません。
  • 山菜や茸など知らないままに採取して食べると危険な場合があります。当ブログの写真などを参考にして採取しないで下さい。
  • 記事内の価格や商品などは記載当時のものとなります。現在は変わっている場合がありますので、詳しくはお店の方などにご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です