スポンサーリンク

蕎麦料理 仲佐

岐阜県
スポンサーリンク

高山から中津川に向かう途中、携帯電話で蕎麦屋を検索。一番よく名前の出てきた仲佐という下呂市のお店に行ってきました。

地元の人に元々お寿司屋さんだったんだよと聞きました。
店の雰囲気も蕎麦屋と言うよりは寿司屋か小料理屋といった感じです。

お店の方の勧めにより蕎麦三昧のセットをお願いしました。
料理が2品と手挽きざるそば、半量の冷やしかけそばがついて1,900円。

蕎麦

結構いい値段です。
本日の料理は「新ごぼうの胡麻和え」と「生麩のしぐれ煮」。
美味しいですよ!

この後の蕎麦も期待できそうだと思っていると出てきましたね、蕎麦が。
粗挽きでちょっぴり固めの蕎麦。
量は少なめで「手引きざる蕎麦」だけだったら2枚は頼まないと食べたりなく感じそう。
つゆは甘味のある辛口ですが、蕎麦に合っていて美味しく感じました。

蕎麦

手挽きの後に出てきた「冷やしかけそば」これもまた美味い。
この日はさくらしめじとゆずと山椒がのっていましたが、ゆずも山椒も控えめで汁も薄目。
蕎麦とさくらしめじの味を楽しめました。

蕎麦

さて帰るかと思い奥に声をかけようと調理場の近くに行くと見事なキノコがありました。
これがさっきのさくらしめじかと思い聞いてみると「こう茸」というキノコだとのこと。
なんでもこのキノコ、このあたりでは松茸より美味いといわれているらしいのですが、なかなか取れないらしく昨年は入荷が無かったそうです。

そうまで聞かされるとせっかくのチャンスだから食べなくてはと思い、再び席へ。

蕎麦

「こう茸」の天ぷらをお願いしちゃいました。
キノコの天ぷらは4種類のキノコが揚げられて出てきました。
「こう茸」「ほうき茸」「黒茸(ろう茸)」「舞茸」の4種類、塩でいただきます。

「こう茸」は漢方薬に似たような香りで干すともっと香りが強くなるそうです。
切った断面が椎茸の醤油付けのような感じ。
「ほうき茸」はふんわりとした食感で楽しめます。
「黒茸(ろう茸)」苦みのあるシメジのような食感。

いずれも食べたことのないもので楽しくいただきました。
いやぁ、いいタイミングできたなぁ。

2006.10.20
再び出かけてみました。
お店の方も前回キノコの話で盛り上がったせいか、覚えていてくださいました。

前回食べた冷やしかけそばがあまりに美味しくて、冷やしかけそばにするか手引きざるにするかを悩んだあげく、今回もまた両方食べられる蕎麦三昧を頼んでしまいました。

この冷やしかけそばは期間限定だそうで、通常だと10月末ぐらいで終了なのだそうです。
でも冬でも食べたいというお客さんが多いとかでご主人も続けるかどうか悩んでるとか。
みなさんも是非冬でも食べたいと要望してみてください。

コメント

  1. アバター くれよん君 より:

    アルメリア に宿泊したので 訪ねたかったのですが、今回は定休日でした。

    岐阜県には訪ねたい 名店 が あり、楽しみです。

    美味しい蕎麦 憧れ です。

    • marsh marsh より:

      定休日とは残念でしたね。
      岐阜には美味しいお店がありますから、是非また足を運んでみてください。
      でもご自宅から500kmぐらい離れてますかね?

      • アバター くれよん君 より:

        こんばんは。日本に帰られましたか?。桜に会えましたか?。山桜見物なら間に合いましたでしょう。
        下呂温泉は家から500 キロメートル離れてますが、目当ての蕎麦屋さん目指してひたすら走りましたよ。

        • marsh marsh より:

          おはようございます。
          残念ながら東京の桜には間に合いませんでしたが、それ以外のところで見ることができましたよ。
          また来週末から海外へ出かけてしまいます。出かける前後は遠出ができないので最寄りのお店に行ってきます^^

タイトルとURLをコピーしました