古式手打そば きじ屋

古式手打そば きじ屋

住宅街の中にあるので場所が分かり難いです。
店名の通り泉系のお蕎麦屋さんです。

もう大分市内で行ったことのない蕎麦屋さんは無いだろうと検索してみたら、あっさりと見つかっちゃいましたね。
まだまだ行ったことのないお店は多いようです。

今回の”きじ屋”さんは住宅街の中にありました。
住宅の居間2部屋を客室にしています。

最近は天ぷらを避けるようになってきた私。
今日お願いしたのは「鴨汁せいろそば(十月頃~四月頃)」(1350円)の大盛りです。

蕎麦

注文してから出てくるまで30分以上かかったでしょうか。
地元の情報誌「月刊セーノ」を見ながら待ってましたよ。

蕎麦

店名から湯布院の泉さんの系統かなと思ってましたが、食べてみたらやっぱりそのようです。
なぜ修行先のお蕎麦と似たような味になるんでしょうね。
やっぱり蕎麦粉が同じだからでしょうか?

今日の蕎麦は茨城県桜川市(旧岩瀬)産の常陸秋蕎麦で、冷たいお蕎麦は十割で、温かい蕎麦が二八だそうです。

蕎麦

バルバリー種の鴨を使っているようですが、大きめの鴨肉と濃厚な汁で美味しかったですよ。
それと口取りの蕪を炊いたもの?が美味しくてお酒が欲しくなりますね。
私の好きな「王禄」(800円)があるので、夜とか来てみたいものです。

お店の駐車場が狭いので、近くの坂本整形外科さんの駐車場を使ってもいいと案内板がありました。
お出かけの際の参考までに。

古式手打そば きじ屋の情報

店名
古式手打そば きじ屋
住所
大分県大分市森町443-31
TEL
097-521-2009
営業時間
11:00~14:30/17:00~20:00
休業日
火曜日
駐車場
3台分+α
  • 蕎麦人内の記事は全てmarshの個人的な感想であり、お店や食べ物、その他の全てを表すものではありません。
  • 星印はmarshの個人的なお気に入り度であり、味のランキングではありません。
  • 山菜や茸など知らないままに採取して食べると危険な場合があります。当ブログの写真などを参考にして採取しないで下さい。
  • 記事内の価格や商品などは記載当時のものとなります。現在は変わっている場合がありますので、詳しくはお店の方などにご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください