黄記煌の鯰鍋

黄記煌の鯰鍋

何故か再び中国の襄陽という町に出かけてしまいました。
4年前にも入ったことある「黄記煌」というお店で鯰鍋を食べてきましたよ。

中国の襄陽という町のショッピングモールに「黄記煌」というお店があります。
北京を中心にチェーン展開しているお店のようですが、今回は4年ぶりに寄ることができました。

黄記煌 三汁焖鍋 wanda plaza 襄陽

さすがに4年もたっているとメニューも変わってますね。
前回食べた鍋の魚が美味しかったので今回もと思ったのですが、生憎同じ魚が入荷していないようです。

蕎麦

なので今回お願いしたのはこちら!
鯰です。

たっぷりのニンニクや芋、人参、トマト、ピーマン、タマネギなどを鍋底に敷き詰めその上にぶつ切りの鯰が一匹分。
それになんだかわからない香辛料をかけてました。
この香辛料、ちょっとカレーっぽい香りがしますね。

蕎麦

スープは入れなかったのですが、テニスボールより少し小さいくらいの固形物を入れてましたね。
凍ってる出汁には見えなかったので脂でしょうか?

そのままクッキングヒーターで、鯰は蒸し煮状態です。
途中で醤をかけてもう一煮立ち。

蕎麦

知ってる単語を並べて辛くないようにお願いしたので、鯰の味がよくわかって嬉しいですよ。
前日に食べた重慶料理の鍋は、あまりの辛さに全員が撃沈。
咽せながら食べてきましたから(笑)

鯰は泥臭さも無く、鰻のような香りの身にとろりとした皮が美味いです。
ビールを飲むのも忘れてひたすら食べてましたよ。

蕎麦

こちらはこの鯰鍋とセットになっていた「鲜磨豆浆」。
「挽きたての豆乳」という意味のようです。
日本の豆乳よりも濃厚で胡麻のような甘みのある味でした。

蕎麦

こちらもセットの内で「酸辣蕨根粉」。
蕨粉で作った麺で辣の利いたちょっと辛めなもの。
一応、蕎麦のブログなので麺を乗せておかないとね(^^;)

蕨粉の麺を食べたらちゃんとした麺も食べたくなります(笑)。

蕎麦

こちらの麺、店員さんがその場で伸ばしてくれます。

蕎麦

まだ十代くらいの女の子ですが上手に伸ばしてましたよ。

で、その麺は。。。

写真を撮るのを忘れて食べちゃいました。

m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

  • 蕎麦人内の記事は全てmarshの個人的な感想であり、お店や食べ物、その他の全てを表すものではありません。
  • 星印はmarshの個人的なお気に入り度であり、味のランキングではありません。
  • 山菜や茸など知らないままに採取して食べると危険な場合があります。当ブログの写真などを参考にして採取しないで下さい。
  • 記事内の価格や商品などは記載当時のものとなります。現在は変わっている場合がありますので、詳しくはお店の方などにご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください