スポンサーリンク

民宿 焼畑の続き(後日談)

そばの話し
スポンサーリンク

先日、『民宿 焼畑』さんへ行ってきましたが、今回は東京に帰ってきてからのお話です。
『民宿 焼畑』さんで蕎麦粉を頂いたので、そばがきを作ってみました。

先日、以前からずっと行ってみたいと思っていた『民宿 焼畑』に行ってきました。

有名なクニ子おばあちゃんとお話ししたり、実際に焼畑へ連れて行って頂き、どんな場所でソバを栽培していたのか見学させて頂きました。

その『民宿 焼畑』を後にするとき、ご主人からお土産にと蕎麦粉を頂きました。

蕎麦

3~4人前の蕎麦が打てそうな量がありますが、私は蕎麦を打たないので、どうしようかと悩みます。

蕎麦

とりあえず、写真に撮ってみました。

蕎麦

蕎麦は石臼で手挽きしています。
上の写真は実際に使っている石臼です。

椎葉産の蕎麦もネット通販などで手に入るようですが、「椎葉産=焼畑で生産」ではありません。
椎葉村でも焼畑をしているのは『民宿 焼畑』さんだけで、実際に焼畑を見に行くとその作付面積は50a~1ha程度なんです。

なので、この粉はとっても貴重な物なんです。

蕎麦

玄蕎麦の挽きぐるみの粉を眺めていると、やはり食べてみたくなる。

そこで自分でそばがきを作ってみることにしました!

そばがきを作るのは生まれて初めてのこと。
一応、作り方は知っているので、早速作ってみることにします。

・・・?
・・・!

暫く格闘の後、出来上がったそばがきを食べてビックリ!!

あまりの不味さに写真を撮ることも忘れてしまいます。
そばがきを、ここまで不味く作ることが出来るのだろうか。。。(笑)

鬼皮の部分の味が強すぎて苦すぎます。
しかし、粘りだけは『民宿 焼畑』さんで頂いたものと同じぐらいありますね。

さぁ、困ったぞ。
折角頂いた蕎麦粉を”美味しく”食べる方法はないものだろうか。

そこで思いついたのが、「プロに頼もう!」ということ。
早速、神楽坂にある『志ま平』さんに出掛けて作って貰う事にしました。

蕎麦

快く作って頂いたそばがき。
見た目から私の作ったそばがきとは違いがあるのですが。。。
「私の使った粉には鬼皮がたくさん入っていたに違いない。」なんてことを思います。(同じ粉です。^_^;)

さすがにプロの作ったそばがきは美味しいですよ。
やはり粘りが強くて、ご主人も驚いていましたね。
香りが強く感じられ、甘みもあって美味しいそばがきです。

蕎麦

こちらは『志ま平』さんの粗挽きのそばがき。
メニューに載っているそばがきは細かい粉を使った物ですが、お願いすると粗い粉でも作ってくれます。
穀物の甘みがたっぷりのそばがきは美味しいですよ!

それにしてもプロと素人(といっても初めて作ったのですが。。。)の差をはっきりと感じましたね。(笑)
ご主人に美味しいそばがきの作り方を伝授して頂きました。

来年、『民宿 焼畑』さんに行って蕎麦粉を分けて貰うときのために、少しだけ修行してみようかな。

コメント

  1. アバター den より:

    ワタシは一度だけ蕎麦を打った事があります。
    茹で立てを一口食べて、以後打つことは止めました。
    過去二番目の不味さです。(一番は上り談合坂SA)

    志ま平さんには南会津産の十割を打ってもらったことがあります。断ち蕎麦と同じ粉なのに技術の差ですね・・。
    美味しかったです。

    そばがきに柚子乗っていませんね(^^;

  2. marsh marsh より:

    プロの技術は凄いですね。あんなに差が出るとは思わなかったです。やはり私は蕎麦を打たない方がいいかと改めて感じました。(笑)

タイトルとURLをコピーしました