スポンサーリンク

いこい食堂

徳島県
スポンサーリンク

かずら橋を渡ったところにある、川魚の塩焼きや郷土料理を中心とした食堂。

来るつもりは無かったけどかずら橋まで来てしまいました。
そして何となく駐車場に車を止め、かずら橋見物に出掛けます。

蕎麦

珍しく観光客が途切れていて、橋に人がいない写真が撮れました。
人がいないなら渡ってみようとと思い、何度目かのかずら橋を渡ってみます。

通行料は500円と結構高いです。

蕎麦

床面の木は粗く編んだだけで、間隔が空いてるんです。
私の足は26cmですけど小さく見えますよね。
足を横に向けたら踏み外してしまいそうです。

蕎麦

一人で渡っていると揺れも少ないので平気ですが、橋の上に人数が多くなるとかなり揺れますよ。
ワイヤーで補強されているので切れる心配はないですが、それでも橋の上で想像していると腰が抜けそうになります(笑)

さて、かずら橋を渡って左手の方に食堂がありました。
何気なく寄ってみると祖谷蕎麦があるようです。

お店の女将さんに聞いてみたら、女将さんの手打ち蕎麦だとのこと。
食べてみることにしました。

蕎麦

ついでに鮎も焼いていたので、「アユ塩焼き」(500円)もお願いします。

蕎麦

お店の隅には小上がりがあったので、そちらに席を取ることにしました。

蕎麦

窓からはかずら橋も見えますしね。

蕎麦

お願いしたのは「ぶっかけそば」(550円)。
夏場にお客さんからのリクエストが多くて、メニュー化したのだそうです。

蕎麦

ぶつぶつと短く切れた太めのお蕎麦で、如何にも祖谷蕎麦って感じですよ。
つなぎは1.5~2割程度入れているそうですが、1.5~2割っていう大雑把な感じがいいですね(笑)

つなぎが入ってる割には、箸でつかむとぼろぼろと切れていきますが、蕎麦の香りもほんのりと感じられて美味しいお蕎麦でしたよ。

やっぱり切れるのは祖谷蕎麦の特徴ですかね。

蕎麦

鮎はこの辺りの養殖ものだそうです。
でも香りがよくて最近食べた中では一番美味しかったかも。

かずら橋を渡らなかったら食べには来なかったと思いますが、そう思うとかずら橋を渡って正解だったかな。

コメント

  1. アバター covatan より:

    う~ん・・・。
    これが本場の祖谷蕎麦ですか。
    観音寺で食べたのとは全然違いますね。
    まあ、水だけとのことですけど。

    かずら橋の上から写真はお尻がムズムズします(笑)

  2. marsh marsh より:

    祖谷では3件しか食べてませんが、みんなこんな感じです。
    素朴で何となくまた食べたくなるお蕎麦ですよ。

  3. アバター den より:

    鮎の体側のオレンジ色が気になります(^^;

    秋口の成熟した鮎のような気がします。
    まさか去年の鮎の冷凍??

  4. marsh marsh より:

    それはあるかもしれませんね。2週間ぐらい前に違うお店で、卵を抱いたアユを食べました。
    この季節に卵は無いんじゃないって(笑)

タイトルとURLをコピーしました