おぎのやの釜飯

おぎのやの釜飯

創業明治18年。「峠の釜めし」駅弁として売られていましたが、横川・軽井沢間が廃止となった今も横川駅やその周辺で買うことができます。

長野県まで蕎麦を食べに出かけたのですが、大雪で中央道もストップ。
折角出かけたのに食べることができず帰ることに・・・。

しかし、蕎麦以外でも何かいいものはないかなと思ったら「峠の釜めし」がありました。

蕎麦

まだ私が幼い頃、祖母と汽車で出かけた際に横川駅に停まると買ってもらっていた懐かしい味です。
今回は4年ぶりの購入ですが、4年前の写真と見比べても中身に変化がなさそうです。
そして器も昔のままかな。

椎茸、ごぼう、タケノコ、鶏肉、ウズラの卵、杏・・・。
どれも変わりなく昔を思い出に浸りながら頂きました。

  • 蕎麦人内の記事は全てmarshの個人的な感想であり、お店や食べ物、その他の全てを表すものではありません。
  • 星印はmarshの個人的なお気に入り度であり、味のランキングではありません。
  • 山菜や茸など知らないままに採取して食べると危険な場合があります。当ブログの写真などを参考にして採取しないで下さい。
  • 記事内の価格や商品などは記載当時のものとなります。現在は変わっている場合がありますので、詳しくはお店の方などにご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください