スポンサーリンク

蕎喰 いまとみ

福岡県
スポンサーリンク

水上村産と椎葉村産の手刈り天日干しの 玄蕎麦を石臼手挽きしたお蕎麦があります。
お酒の肴も充実。

ホテルの近くで食事をと思い、フロントでお蕎麦屋さんがないかと聞いてみたら、以外にも「ありますよ」との返事。
1件は以前に行ったことがあるので、今回は”いまとみ”さんに行ってみることにしました。

蕎麦

福岡のお蕎麦屋さんて数が少ないせいか、どこに行っても奇麗なお店ですね。
今日は少しだけ飲むことにしてるので、雰囲気のよいお店は嬉しいですよ♪♪

夜の部開店直後の店内には先客も無かったので一番奥の席を確保。
まずはお酒「王禄 超辛口純米」(1合:900円)をお願いします。

蕎麦

アテには「山女魚うるか」(750円)をお願いしました。
私には「鮎のうるか」との違いはわかりませんが、こういうのってお酒に合うんですよね。
ついついお酒が進んじゃって・・・、いやいや今日は少しだけ飲むのですからセーブしなきゃ(笑)

蕎麦

「わさびいも」(600円)。
擂った大和芋に山葵をのせたもの。
これが美味いんですよ。

蕎麦

粘りが強いので箸でちぎってつまめるんです。
そのままズズ~ッと。

美味い!

他にも肴はたくさんあるのですが、やはり「手刈り天日干しのそばがき」(1000円)を食べてみたい。

蕎麦

水上村産と椎葉村産の手刈り天日干しの玄蕎麦を使ったそばがきだそうですよ。
柔らかくふんわりとした食感に、粗挽きのザラッとした舌触りが心地いい。
後からほんのりと蕎麦の香りが抜けていきます。

当然、この粉を使ったお蕎麦も食べてみたくなりますよね。

蕎麦

で、お願いしたのが「限定 手刈り天日干しの挽きぐるみ」(1200円)。

水上村産と椎葉村産の手刈り天日干しの玄蕎麦を手挽きの石臼で挽き、最小限のつなぎを加えて打ったものを1日~3日程寝かせて熟成させているそうです。

蕎麦

それにしても量が少ない。
普通に食べたら3・4口で食べ終わりそうな量ですよ。

香りや甘味は控えめですが、噛むとじんわりと甘味がにじみ出てくるよう。
喉を通るときのザラッとした感じと、後からふわりとした香り。
新蕎麦の頃にも食べてみたいですねぇ。

蕎麦

まだ少し残ってるお酒を飲みつつ、やや黄色みがかった蕎麦湯を飲んでますが、やはり食べ足りない。

最後にかけを1杯食べて帰ろうか。

蕎麦

頂いたのは「季節限定 冷かけじゅんさいそば」(1400円)。

蓴菜の他に温泉玉子や茗荷の酢漬け、オクラがのっている涼しげなお蕎麦。
こちらはお蕎麦もしっかりとした量があって、併せると食べ過ぎでしょうか(笑)

でもこのお蕎麦をアテにして残ったお酒をちびりと飲むのもまた嬉しい。

まだちょっと明るいけどホテルに帰って一仕事。
何とかお酒もセーブできましたよ。(笑)

コメント

  1. アバター koakuma より:

    これを見て、いまとみに行ってきました。
    とっても美味しかったです♪

    • marsh marsh より:

      koakumaさん、初めまして。
      ご覧いただき、ありがとうございます。
      「いまとみ」さんはお酒や肴も美味しくて、私も何度か食べに行きました。
      気に入っていただけて嬉しいです!
      これからもよろしくお願いいたします。

  2. アバター キムタカ より:

    椎葉産の玄蕎麦は民宿「焼畑」から入手出来るようになった。もちろん焼畑農法で生産されたもの。量が少ないので、完全予約制です(2名以上のため、私は駄目でした)。

タイトルとURLをコピーしました