スポンサーリンク

更科 藤井

石川県
スポンサーリンク

金沢の片町にあるお蕎麦屋さん。金沢の夜はここに決まりかな。

片町辺りに蕎麦屋は無いかと思っていたら、犀川大橋のたもと付近に更科藤井さんがありました。
場所柄、あまり遅い時間だと飲んだ後の締めに蕎麦をという人が多いかなと思って早めに出かけてみました。

入り口のドアを開けるとすぐに蕎麦打ち台と大きなこね鉢があります。

蕎麦

お店は以外と狭くて4人掛けテーブルが2つとカウンターが数席。
テーブル席には家族連れが1組いましたが、もう1席の方に座らせてもらいます。

さぁ、お酒をもらいましょう。メニューには銘柄が無く、700円となっています。
別に銘柄のメニューがあるようですが、冷やでお任せでお願いしました。

蕎麦

アテには「そばみそ」(500円)、「塩うに」(350円)の2つ。

蕎麦

そば味噌は中に唐辛子の葉?が入っているのか、やや辛目。
塩ウニは大好きです。
ちびちびと嘗めてはお酒をグビッ。最高です。

蕎麦

なんだか混んできました。少ないテーブル席を独占しているのが申し訳ないです。
締めて帰ろうと思い「かき揚げ」(800円)と「粗挽きそば」(950円)をお願いします。

かき揚げです。

蕎麦

濃い緑の葉が金時草(キンジソウ)、手前の薄い緑の葉がウドの芽だそうです。
金時草は加賀野菜で葉の裏が金時色(赤紫色)をしているところから名付けられたそうです。
今では金沢市内でわずかに作られているだけだとか。

そして蕎麦の登場です。
黒い!

蕎麦

全体的に短めの麺。殻まで挽き込んだのがよくわかります。
しかし見た目の割には蕎麦の香りが感じられないのは季節が悪いのでしょうか。
汁は江戸前風のやや辛口。

蕎麦

ほかに二八(850円)や生粉打ち(950円)もあります。もちろん更科そば(1050円)も。
食べたい衝動にかられましたが次回のお楽しみということで。

冒頭にも書きかけてましたが金沢には昔からよく来ます。
来るたびに片町周辺で蕎麦屋を探していたんですけど、見つけられなかったんです。
香林坊109の裏に1件ありましたが閉店が早いようなんです。

今回初めて伺いましたがこれからは夜は藤井さんで楽しめそうです。

コメント

  1. アバター Z33 より:

    marshさん、
    細かいツッコミですみませんが、「更級」と「更科」の両方お書きですね。正しいのはどちらでしょう?

  2. marsh marsh より:

    Z33さん。ツッコミありがとうございます(笑)。正しくは「更科」で、本文も修正しました。
    ご指摘ありがとうございました。

  3. アバター kotarool より:

    こんにちは。
    4月から、福井→石川に移ることになりました。

    今日、更科藤井さんに行ってまいりました。
    お店は片町から移転して、柿木畠になっておりました。
    住所 石川県金沢市柿木畠3-3

    私が行ったときは、更科、粗挽きともに売り切れで
    ざる(二八)と、変わり蕎麦の日向夏切りを頂きました。

    このお店、つゆが非常に私の好みの味で
    とっても気に入りました。
    おいしいお店を紹介して頂き、ありがとうございます。

    • marsh marsh より:

      kotaroolさん、こんにちは。
      最近、片町に泊まらないので移転に気がつきませんでした。以前はよく食べに行ったのですが。。。
      今度の場所は私の定宿からは微妙な場所のようです。
      でもがんばって行ってみます。
      情報をありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました