古流深山霧下そば処 こそば亭

古流深山霧下そば処 こそば亭

貴重な”こそば”という在来種のお蕎麦が食べられます。
十割は金、土曜日限定で1日5食だけです。

朝からキノコ採りに出掛けましたが、別途記載の通り出ている気配もないので、早々に切り上げてお蕎麦を食べに来ました。

“こそば亭”さんは、先日別のお蕎麦屋さんで見た自遊人 2010年 09月号に掲載されていたお店です。
帰ったら買わなきゃと思っているのですが、何の特集で掲載されていたのか思い出せないのです。

漠然と本を見てるとこういう事になるんですね。(笑)

とりあえずメニューを見てみると、金、土曜日限定の「十割田舎蕎麦(太切り)」(1000円)があります。
幸い今日は土曜日ですから、これにしようとお願いしてみると「売り切れました。」とのこと。

私は開店時間の11時半にお店に入りましたが、そのときには既に先客が2組7名がいらっしゃいました。
それなのに「もう売り切れなの?」。

聞いてみると1日限定5食だけとのこと。

残念、もう少し早く来ればよかった。

蕎麦

それではと、お願いしたのが「天ざる蕎麦(野菜天ぷら)」(1000円)。
先客の「美味しい!」というひそひそ声を聞きながら待っていると、程なく綺麗なお蕎麦が運ばれてきます。

蕎麦

早速、一口そのままで食べてみると、余り食べたことのない蕎麦の香りがします。
滋味深いような、ちょっぴり野趣を感じるような。。。
この十割蕎麦を食べてみたい!

それにしてもしっかりとしたコシの良さと喉越し。
それもそのはず、オヤマボクチをつなぎにしているとのこと。

そういえば山を越えたら富倉地区でしたね。

蕎麦

お店の方にお聞きしたら”こそば”という在来種を使っていることのこと。
在来種と聞いて思い出しましたが、自遊人 2010年 09月号は在来種の特集でした。(笑)

本を買わなきゃいけないという思いが先行してましたね。(ということにしたい^_^;)

蕎麦

天ぷらは南瓜に蓮根、茄子、舞茸など。
カラッと揚がっていて美味しかったですよ。
春には山菜になったりするんでしょうね。

ところで、”こそば亭”さんのホームページを見ていたら、片山虎之介さんが主催される「蕎麦Web検定大学」という講座についての記載が有りました。

雑誌などの商業出版物には記載されない、蕎麦の奥深い世界を講座という形で教えて頂けるようですよ。
課外授業もあり、第一回課外講座は「こそば亭で、こそばを味わう」だそうです。

受講にはもちろん費用が掛かりますが、興味のある方は受けてみてはいかがでしょうか。

蕎麦Web検定大学

古流深山霧下そば処 こそば亭さんの他の記事

古流深山霧下そば処 こそば亭の情報

店名
古流深山霧下そば処 こそば亭
住所
新潟県妙高市大字美守681-1
TEL
025-572-8628
営業時間
11:30〜14:00
休業日
月曜日、火曜日
駐車場
5台分ぐらい
HP
http://kosobatei.com/
  • 蕎麦人内の記事は全てmarshの個人的な感想であり、お店や食べ物、その他の全てを表すものではありません。
  • 星印はmarshの個人的なお気に入り度であり、味のランキングではありません。
  • 山菜や茸など知らないままに採取して食べると危険な場合があります。当ブログの写真などを参考にして採取しないで下さい。
  • 記事内の価格や商品などは記載当時のものとなります。現在は変わっている場合がありますので、詳しくはお店の方などにご確認ください。

古流深山霧下そば処 こそば亭 へのコメント

  1. キムタカ さんより2014年7月8日

    1年目の訪問。12:20で売り切れで食せず。
    2年目の訪問。盆前で臨時休業(盆は定休日も営業するので)。
    3年目の訪問。ようやく食せました。3度目の正直。
    山牛蒡の葉の繊維の繋ぎを使用しているが、富倉蕎麦とは違うそうです。

    お父さんは公務員だったので、兼業規定があるため、奥様の名前で開店。
    現在はお父さんはリタイアされ、現在は息子さんが店主をされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください