スポンサーリンク

美味しいお酒が飲みたくて志ま平です。

再訪箱
スポンサーリンク

美味しいお酒が飲みたい気分で、半年ぶりに志ま平さんに寄ってみました。

前回は大分県の”にはち“のご主人が東京に来られたときに、志ま平さんで一緒に飲んだんです。

それからすっかりご無沙汰になっちゃって。

蕎麦

お酒は「獺祭」をもらい、4点盛りをいただきます。

ご主人と話が盛り上がっていたので4点が何なのか聞きそびれましたね(笑)
右下のもずくのようなものは、海苔の酢の物です。
右上は煮こごりなんですが、中に入ってるものが不明。(貝のわたの部分のようです。)

蕎麦

さらにアテをいただきました。

ご主人が「変わったものも入れるようにしているんです。」というそれは、
鮫の心臓や葡萄の味噌漬け(巨峰のようです)などなど。
他にも教えていただいたんですが、お酒が・・・。

蕎麦

話題が”からすみ”に及んで、ちょっとだけいただきました。
ご主人手作りのからすみです。

今年はボラが高くて手に入りにくいんだとか。

手に入りにくいと言えば、蕎麦の実も不作で高くなってきてるとか。

蕎麦

私の中の定番、蕎麦スープ。
いつ飲んでも美味しいですね。
お代わりが欲しい!

蕎麦

カウンター席がお客さんで一杯になりました。
そろそろ帰ります。
締めは「深山」(1000円)でした。

蕎麦以外のお値段を確認していないのですが、トータル5700円。
お酒はどれだけ飲んだかって?

それは秘密です(笑)

コメント

  1. アバター den より:

    ワタシは志ま平で飲んだことはありませんが(下戸だし)、蕎麦ポタージュと蕎麦がきと蕎麦饅頭は必ず出してもらいました。

  2. marsh marsh より:

    蕎麦饅頭は帰りがけに隣のお客さんが食べてました。かなり心が揺れました(笑)

タイトルとURLをコピーしました