にはちさんの「蕎麦と日本酒を楽しむ会」

二年ぶりににはちさんの「蕎麦と日本酒を楽しむ会」に参加しました。
金曜日の夜に空きがあるか電話したら、偶然キャンセルがあって1席だけ空いてました。

この「蕎麦と日本酒を楽しむ会」は毎月第3日曜日に開催していて定員は10名です。
事前に予約が必要なんです。

二年前は新参ものなので写真を撮るのを控えてましたが、今回は撮るぞと意気込んで出掛けます。
16時からスタートなので30分前にはお店に入ってまずはビールで一息。

蕎麦

おしながきを見ながら始まるのを待ってますが、そこここで自己紹介しつつ挨拶をしてますね。

参加者はもちろん地元の方ばかり。
遠方から来ているのは私だけで、二年前もそうでしたが、ご夫婦で参加されている割合が多いです。

蕎麦

今日のお酒は3種類。
神亀の「小鳥のさえずり」純米吟醸で4年古酒?、松の司「楽」純米吟醸、三千盛で「三千盛」純米。
みんな3本とも空にすると張り切ってますが・・・。

蕎麦

最初のお料理で「ひと口こしあぶら蕎麦」。
ご主人の採ってきたコシアブラのほろ苦さと、更科蕎麦のほんのりとした甘味が絶妙。
飲んでるお酒は「小鳥のさえずり」。
ちょっと辛口な感じですが、飲み過ぎそうな予感のするお酒。

蕎麦

続いてそば味噌、焼き海苔、たたみいわしの三種。
蕎麦屋の定番だけに、やはりお酒が進みますね。

私の隣は別府市民劇場の事務局をやっておられるご夫婦。
みんなで会費を持ち寄り、自分たちの手で芝居の鑑賞会を開いていくという会だそうで、年間6本の鑑賞会があるのだとか。(別府市民劇場事務局:0977-21-6608)

蕎麦

春の香 三種。
筍に蕗、蕨、まさに今が旬ですね。

蕎麦

さよりの梅肉あえ。
隅にある白いのは独活です。
さよりもよかったですが、今が旬の独活は天然物だそうで香りも鮮烈でした。

蕎麦

湯葉とそば米の蕗味噌椀。
湯葉の下にはたくさんの蕎麦の実が隠れています。

蕎麦

そばつみれ。
前回伺った際に頂いた「そばつみれ」が登場です。
蕎麦の実が入った大和芋が出汁に浮いてます。
この出汁が美味しくて、店内のあちこちで美味しいの声が聞こえてきますよ。

蕎麦

小柱と鮪のそば鮨。
酢飯の代わりに米粒大に刻んだ蕎麦が使われています。
酢を使っているので酢蕎麦ということになるのかな。

カウンター特権でカウンターにいた人だけこっそりと南蛮海老の握り(もちろんそば鮨)もいただいちゃいました。

蕎麦

天ヌキ。
天ぷらは桜海老に蕨、独活の皮の部分と、これまた春満載。
天ヌキを飲みながら、お酒を飲むのもいいものですね。

蕎麦

そして最後の締めが越前おろし蕎麦。
辛味大根が利いていて、お酒の後をすっきりと締めます。

これで会が終了となりましたが、お酒は飲みきれなかったですね。
5合ほど残ってましたが、みんなもう飲めない様子。
もちろん私も飲めませんよ(笑)

蕎麦

前回のにはちさんの記事に「にはちさんの更科を食べたことがない」と私が書いたようなのですが、それを読んだご主人が「しっかり食べてってくれ」と出してくれました。

コシが良すぎるくらいに強くて甘味のあるお蕎麦。
蕎麦の上に柚子の皮を少し振りかけると、まるで柚子切りのよう。

最後の最後まで蕎麦を楽しみ、私もお店を後にしました。

そうそう、会費は5000円(税込)です。
早めに予約しないと一杯になってしまうかも。

蕎麦 にはちさんの他の記事

蕎麦 にはちの情報

店名
蕎麦 にはち
住所
大分県別府市駅前町7-15
TEL
0977-22-2810
営業時間
11:30~14:00/18:00~23:00(売り切れ仕舞い)
休業日
火曜日・第3月曜日
駐車場
なし
33.278158,131.502483
  • 蕎麦人内の記事は全てmarshの個人的な感想であり、お店や食べ物、その他の全てを表すものではありません。
  • 星印はmarshの個人的なお気に入り度であり、味のランキングではありません。
  • 山菜や茸など知らないままに採取して食べると危険な場合があります。当ブログの写真などを参考にして採取しないで下さい。
  • 記事内の価格や商品などは記載当時のものとなります。現在は変わっている場合がありますので、詳しくはお店の方などにご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください