別府の『にはち』さんで、私の「こそば」を限定で

大分県別府市の『にはち』さんで、「こそば」で打った蕎麦を限定販売します。
興味のあるかたは12月17日土曜日の11:30にお出かけください。

「こそば」は新潟県妙高市で栽培されている妙高在来のことです。
実が小さいことから「こそば」と呼ばれています。

この「こそば」は生産量が少ないので、妙高市内にある『こそば亭』さんや『大滝荘』さんなど数件でしか食べることができません。

東京都練馬区の『野中』さんで12月~2月ごろ限定で食べられるのが唯一県外で食べられるお店でしょう。(まれに大阪方面で提供するお店があるようです。)

今回『にはち』さんで限定販売するのは「妙高在来蕎麦振興組合」の指導の下「蕎麦Web検定大学」で栽培した「こそば」です。

蕎麦

「妙高在来蕎麦振興組合」の組合長さんも驚く程の出来映え。
収穫量も品質も素晴らしい結果だったそうですよ。

蕎麦

収穫は手刈りで天日干しです。
特に天日干しは美味しい蕎麦を作る上では重要なんだとか。

蕎麦

これが今回収穫された「こそば」です。
実はかなり小さめ、といっても比較が無いと分かり難いですね。

蕎麦

手元に比較になる蕎麦の実が無かったので、北海道産の牡丹そばと並べてみました。
右が「牡丹そば」、左が「こそば」です。

「こそば」の方がラグビーボール状にぷっくらした実になってます。

さて、『にはち』さんの「こそば」限定販売ですが、残念ながら限定数は7~8食程度だそうです。
興味のある方は11時30分の開店後に入ってくださいね。

『蕎麦 にはち』
大分県別府市駅前町7-15
TEL:0977-22-2810
営業時間:11:30~14:00/18:00~23:00(売り切れ仕舞い)
休業日:火曜日・第3月曜日

さんの他の記事

  • 蕎麦人内の記事は全てmarshの個人的な感想であり、お店や食べ物、その他の全てを表すものではありません。
  • 星印はmarshの個人的なお気に入り度であり、味のランキングではありません。
  • 山菜や茸など知らないままに採取して食べると危険な場合があります。当ブログの写真などを参考にして採取しないで下さい。
  • 記事内の価格や商品などは記載当時のものとなります。現在は変わっている場合がありますので、詳しくはお店の方などにご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください