志ま平さんで収穫祭

昨年の蕎麦Webの企画で、新潟県妙高市で栽培した「こそば」の実が届きました。
私は打たない(打てない)ので志ま平さんに打っていただきました。

一昨日に続き、また志ま平さんです。
今回は私の「こそば」の収穫祭、みんなで食べようという企画です。

とはいっても段取りはすべて「こなもんや三度笠」の華麗麺麭さんにお願いしました m(_ _)m

参加者はいつもの(?)方たち総勢8名です。

蕎麦

でも予定通りの時間に集まらない参加者。
とりあえず獺祭50を飲みながら待ってます。

蕎麦

そして参加者がそろったところで、ビールで乾杯です。

このビールは華麗麺麭さんや料理研究家のグー先生たちが、茨城県の「木内酒造」さんで手作りビール体験をして作ったもの。

蕎麦

ラベルも自分たちでデザインを決められるそうですよ。

そんな貴重なビールを人数分担いできた華麗麺麭さんに感謝です。

蕎麦

さぁ、今日の主役は私の「こそば」。

「こそば」は新潟県妙高市の一部で作られている在来種です。
一般には出回っていなくて、食べられるのは新潟県の「こそば亭」さんとその周辺の数軒(といっても私は大滝荘しかしりませんが。。。)だけです。

蕎麦

私の「こそば」は蕎麦Webの講座で栽培したものです。

玄では貰えないので粉になって届くのですが、特別に割れで送っていただきました。

それを志ま平さんが手挽きにし、お蕎麦にしてくれてます。
なので他では食べられない粗挽きになってます。
あまりの美味しさに4枚ほど食べ、一息入れます。

この「こそば」、非常に香り高いお蕎麦で、志ま平さんも衝撃を受けて在来種を探し始めたほど。
今では何種類かの「こそば」に負けない在来種を扱ってますよ(時期によって違います)。

蕎麦

お腹に入ったところで、お酒を飲みながら会話を楽しみます。

上の写真は4種盛り。

蕎麦

そして志ま平名物「蕎麦の実スープ」。

蕎麦

蕎麦寿司。

蕎麦

お酒は「獺祭 発砲にごり酒50」もいただいてみました。
でもやっぱり普通の獺祭の方がいいかな。

蕎麦

10点盛りのお正月バージョン。
ねっとり濃厚なあん肝にお酒が進みます。

蕎麦

「のっぺい汁か?」との声もありましたが、ご主人に聞いたら「鴨と野菜を炊いただけで特に何ってことはない。」とのことでした。
返しをベースにした汁でしたよ。
でも飲んだ時にはいいですね。

蕎麦

そしてさらに飲んだ時には嬉しい一杯。
最後の締めはかけそばです。

通常の志ま平さんの「かけそば」とは違う作りで、汁は醤油とお酒をベースにしています。

これがまた美味い一杯です。
レギュラーで提供される日が来るといいなぁ。

蕎麦

そして最後はこの日参加された料理研究家のグー先生お手製のロールケーキ。

著書の「魔法の水切り塩ヨーグルトレシピ」、「塩ヨーグルトの最強レシピ」が大好評で、テレビでも取り上げられています。

蕎麦

塩ヨーグルトを真ん中に入れたオレンジ風味のロールケーキです。
グー先生の作るスイーツは以前にも食べさせていただいたことがありますが、メチャ美味なんです。
販売しないでしょうかね。
買って帰りたいです(笑)。

最後はグー先生のロールケーキに持って行かれてしまいましたが、とっても楽しい会でした。
皆さん、志ま平さん、ありがとうございました。

さんの他の記事

  • 蕎麦人内の記事は全てmarshの個人的な感想であり、お店や食べ物、その他の全てを表すものではありません。
  • 星印はmarshの個人的なお気に入り度であり、味のランキングではありません。
  • 山菜や茸など知らないままに採取して食べると危険な場合があります。当ブログの写真などを参考にして採取しないで下さい。
  • 記事内の価格や商品などは記載当時のものとなります。現在は変わっている場合がありますので、詳しくはお店の方などにご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください